交通事故での痛み(むち打ち・打撲・捻挫・骨折等)などの方への適切な診療・施術を行う六本木ミッドタウン前整骨院

03-6721-0066

03-6721-0066

六本木ミッドタウン前整骨院・鍼灸院
六本木ミッドタウン前整骨院・鍼灸院
むち打ち、打撲、捻挫、骨折
ホーム > コラム > 六本木でカッピング・吸い玉と言えば「ここ!」 プロスポーツ選手も愛用
2021年10月14日(木)

六本木でカッピング・吸い玉と言えば「ここ!」 プロスポーツ選手も愛用

カッピングの効果

カッピングの吸引による刺激は、押すよりも引く力が強く、施術後も心地よく感じられます。
他の多くの治療法が体の外側から内側に向かって刺激を加えるのに対し、カッピングは体の表面から外に向かって皮膚や筋肉を吸い上げていくのが特徴。施術後にだるくなったら、血行促進の効果が表れている状態だといいます。

施術は電動式または手動式のポンプを使用してカップ内の気圧を下げ、真空に近い状態にすることで皮膚が引っ張られ、皮膚の毛細血管内に滞っていた血液や老廃物が代謝のよい皮膚の表面にまで引き上げられます。

こうして血行を促進することで、肩こりや腰痛をはじめとした筋肉のこりや痛みの症状を緩和させていきます。また、老廃物を排出して代謝を促すことから、冷えやむくみ等の改善にもおすすめ。
体の深部にまでアプローチするため、表面的な症状の改善だけでなく慢性的な疲れ、自律神経の調整、ホルモンの分泌等さまざまな効果が期待できます。

特に肩や背部・腰部等、血液やリンパの流れが滞っている箇所に施術を行うのが有効ですが、
手術後や循環器系に異常のある人、目・喉・陰部等は避けましょう

期待できる効果としては、

毛細血管の血行の促進

皮膚や軟部組織の柔軟性UP・関節の動きを円滑にする

老廃物の排泄、デトックス効果

血行改善による冷え症の改善  などが期待できます。

カッピングは主に以下のような症状の人におすすめです。

肩こり、腰痛に悩んでいる

生理痛がひどい

疲れがなかなか取れない

冷えやすい

朝起きるのがつらい

足腰のむくみが気になる

施術後の色素反応

カップを吸着させた箇所は皮膚の付近まで血液が吸い寄せられるため、サラサラと血液が流れているところは赤くなり数日で色は消えますが、コレステロールや老廃物が溜まっていて血液がゆっくり流れている箇所は、痕が赤黒くなり、消えるまで1~2週間かかることがあります。

色が濃いほど体に不調があると判断することができます。
場所によって色の違いが表れるので、体の調子が悪い箇所を特定でき、目に見えて健康の度合いを測ることができるのもポイント。
特に色の反応がない場合、脂肪が厚すぎるか、血行が悪すぎることが原因と考えられます。
カッピングを行う際は、肌の露出には気をつけましょう。
カッピングを何度か継続していくことで、濃い色をしていた箇所もだんだん薄い色へと変わっていき、痕が残る日数も短くなっていくといわれています。

カッピング

カッピングは、「吸玉(すいだま)・吸角(きゅうかく)」とも呼ばれるトリートメントです。
肩や腰部などに真空状態にしたカップを吸着させることにより、毛細血管内に滞っていたドロドロとした血(於血)が皮膚の表面に浮上してきます。
この“於血”を体外に代謝させ、血の巡りをよくすることで、肩こりや腰痛、むくみ、冷えなどを改善させていきます。
古くは動物のツノや竹がカッピングに用いられていましたが、最近はガラスやプラスチックのカップが多く使用されています。

吸玉は中国の伝統的な民間療法のひとつであり、中国では今でも幅広い人気があります。元々は主に治療として使われてきた施術方法ですが、ダイエットや美容の効果も期待でき、現在は治療としての手法以外にエステの分野でも女性を中心に人気を集めています。

特にスポーツ選手、健康維持に気を配っている人や、体を酷使する職業の人たちにも活用されているトリートメントです。

カラダの深部にまで強力なマッサージ効果が得られるため、筋肉が厚く通常のマッサージでは刺激が行き渡りにくいとされるプロのアスリートたちも愛用。
施術直後は痕が残るので、見た目には痛そうな印象を受けがちですが、実際は痛みはあまりなく、心地よさも感じられる施術方法です。

ABOUTこの記事をかいた人
女性柔整師
女性柔道整復師
港区六本木の地域医療に全力で貢献していきます。

03-6721-0066